インフルエンザ

おなかの調子を整える乳酸菌

便秘に悩む方だけが、乳酸菌を摂取するのではなく、下痢や胃腸のトラブル、ガスがたまりやすい方にも乳酸菌は強い味方です。
便秘以外の腸の問題も、悪玉菌が善玉菌より優位にたつことから起こる症状です。
悪玉菌は加齢やストレス、睡眠不足、偏食などによって増加し、腸の働きを弱めてしまいます。

腸の調子が悪いと、蠕動運動が過剰になり、栄養や水分がが吸収されにくくなり軟便になってしまいます。
逆に、腸の蠕動運動が鈍くなり、排便がとどこおってしまうのが便秘です。
この蠕動運動を一定に保つためには、善玉菌と悪玉菌のバランスを維持することが大切です。

しかし、乳酸菌は排便によって体外へ一緒に排出されてしまいます。
そこで乳製品等による乳酸菌の摂取が必要となってきます。
腸内へ生きたまま届く乳酸菌が長く生き延びてくれることはごく一部です。

しかし、たとえ乳酸菌が死滅したとしても、餌となり腸内でのビフィズス菌の増殖を助けてくれます。
この結果、善玉菌維持につながり、一定した蠕動運動を提供することができるのです。
排便は毎日のことですし、ストレスなどの外的要因から善玉菌が減少していくのは食い止められません。
ですから、毎日の食事の基礎に乳酸菌を含む食品をとりいれてみると良いですね。

このページの先頭へ