インフルエンザ

乳酸菌でアレルギー対策

アレルギーと言えば、食物、動物、金属、花粉、紫外線によるものなど様々ですが、それによって気管支炎、鼻炎、喘息、皮膚炎などの症状があらわれます。
このような多種多様のアレルギー原因から体を守るにはどうしたら良いのでしょうか。
どのアレルギーも原因が分かっていればその物質を避ければいいのですが、花粉症やダストなど環境によるものは避け難いですよね。

そもそもアレルギーは免疫機能が過敏に反応し過ぎて起こる体のサインです。
人の免疫機能の中にはヘルパーT細胞というのがあります。
このアレルギーの原因となるTh2細胞が、ウイルスや細菌を撃退するTh1細胞よりも優位に立つとアレルギーの症状を引き起こすのです。

そのため、この2種類のTh細胞はバランスを保っていなければなりません。
アレルギーの症状をゼロにすることは難しいかもしれませんが、まずは緩和することから始めてみましょう。
その手助けをしてくれるのがアトピーにも効果を発揮する、乳酸菌L-92です。

この乳酸菌はTh1細胞を増加させ、Th2細胞を抑制するはたらきがあります。
このシステムがアレルギーを抑制するのです。
しかし、食物アレルギーで牛乳や乳製品がダメな方もいらっしゃるかもしれません。
まずは、かかりつけの医師にご相談の上、乳酸菌を摂取してみるのも良いかもしれません。

このページの先頭へ