インフルエンザ

乳酸菌で便秘解消を快適

ヨーグルトを食べれば便秘が解消する方もいれば、そうでない方も多くいらっしゃると思います。
私のお腹も手強いほうで、ヨーグルトを食べても効果がでない日がほとんどです。
では一日にどのくらいの乳酸菌を摂取すれば、効果が現れるのでしょうか。

各メーカではだいたい一日に100gとありますが、乳酸菌を効率よく摂取するための方法を探ってみましょう。
腸内には99.9%のビフィズス菌が存在しますがヨーグルトで摂取するビフィズス菌は胃を通る過程で死滅してしまいます。
そのため、ビフィズス菌の増殖を助けるプロバイオティクス乳酸菌が重要になってきます。

プロバイオティクスは胃酸に強く、生きたまま腸にと届く訳ですが、定住してくれるのは、ほんのわずかです。
ですが、たとえ死滅したとしてもビフィズス菌の餌となり増殖する力となってくれます。
乳製品の中でも、腸の中で長くとどまってくれる植物性乳酸菌の作用を利用したり、乳製品のみに頼ることなく、水分補給、オリゴ糖や食物繊維の摂取を同時に行ったりすることで更なる便秘の解消につながります。

乳製品の中で、植物性乳酸菌といえばラブレ菌ですが、他にも漬け物や味噌、醤油といった発酵食品の中にも含まれます。
味噌や醤油は大豆が原料ですから、オリゴ糖も含まれていますし、一石二鳥ですね。


このページの先頭へ