インフルエンザ

乳酸菌はインフルエンザを予防

乳酸菌は一般に、免疫力強化に優れていると言われます。
普通の風邪とは違い、インフルエンザに対抗するためにはウイルスを防御するシステムを体内で作り出す必要があります。
そこでカギとなるのが、プラズマ乳酸菌です。

これは、マクロファージやプラズマ細胞、キラー細胞に働きかけウイルス撃退に効果を発揮します。
自然免疫系のマクロファージはウイルスなど外的だと判断したものを食べる働きがあります。
獲得免疫系のプラズマ細胞は、ウイルスに対抗するための抗体を生産する働きがあります。

同じく獲得免疫系のキラー細胞はウイルスに感染した細胞を除去する働きがあります。
また、キラー細胞活性化させるために、バナナや果物ジャムなど多糖体を作る食品と共に摂取すると、より高い効果が期待できます。
通常の乳製品よりもプラズマ乳酸菌を含む製品の方がウイルスを撃退するための細胞に効率よく働きかけるのが特徴です。
この画期的なプラズマ乳酸菌ですが、インフルエンザ予防だけでなくノロウイルスの撃退にも効果があるようです。
風邪やインフルエンザの流行る冬だけ乳製品を食べるのではなく、年間を通し、継続して摂取することで免疫力の強化に努めてみてください。


このページの先頭へ