インフルエンザ

乳酸菌を活用で快適に痩せる

最近、乳酸菌に痩せる効果があると注目されています。
なぜなら乳酸菌には便秘を解消させる働きがあるからです。
善玉菌が増殖することで悪玉菌とのバランスがとれ、腸内活動を活発にします。

ガンの原因とも言われる悪玉菌だけが増殖してしまうのは、健康維持に反していますよね。
毎日の排便により、長時間毒素を体に溜め込むことなく、代謝を正常値に戻すよう働きかけてくれます。
基礎代謝が上がれば、エネルギーの消費につながるので、健康的なダイエットにつながります。

二つ目に、乳酸菌は脂肪の吸収を防ぎ、ビタミンの合成やカルシウムの吸収を促す働きがあるということです。
そもそも脂肪には、中性脂肪、脂肪酸、リン脂質、コレステロールと4種類あります。
その中でも増えすぎると糖尿病や動脈硬化等を引き起こす悪玉コレステロールには、乳酸菌の力で体内に吸収させる前に排出する働きをしてくれます。
この結果ムダな脂肪が付かず血液をサラサラの状態に保つことができます。

健康維持に欠かせないビタミンやカルシウムにより体を強くすることができれば運動しても疲れにくくなります。
毎日の食事に取り入れることで、食事制限をされている方も空腹をしのぐことが出来ますし、食べないことでのストレス太りもなく、無理せずダイエットを続けられるのではないでしょうか。
乳酸菌は体重を減らすことが目的ではなく、あくまでもダイエットをサポートをする補助的な食品です。
腸内環境を整え、運動を併用して行うなど、さらなる代謝のUPにつなげてみてください。


このページの先頭へ