インフルエンザ

乳酸菌の菌に関して

細菌の一種で、乳酸桿菌と呼ばれる円筒形のものと、乳酸球菌と呼ばれる球状形のものと2種類存在します。
そして乳酸菌は、多糖体を栄養に発酵し、乳酸をたくさん生成します。
その結果、含まれる食品は酸味をおび、長期保存が出来る状態へと変化します。

乳酸菌は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類あります。
乳製品に含まれるのは前者の方。
漬け物や、味噌、醤油などの発酵食品に含まれるのは後者です。

最近では植物乳酸菌のラブレ菌を含む乳製品もでていますので選択肢が増えてきました。
日本人の腸は、欧米人と比べて長く、できるだけ腸の中で長く居続けてもらうことが必要です。
このため、酸や塩分などに強い植物性乳酸菌は日本人の体に合っているといえるでしょう。

どちらの乳酸菌もビフィズス菌の増殖を助け、善玉菌を活性化させます。
ビフィズス菌は主に大腸に住んでおり、乳酸菌は主に小腸で活躍するのも特徴です。
腸の動きが活発になることで、有害物質を体外へ排出し、必要な栄養分の吸収を高めます。
免疫細胞に直接的、間接的に働きかける多種の乳酸菌が風邪やインフルエンザ、アレルギー、血圧上昇、便秘、下痢、などの予防に効果を示し、免疫力の強化に努めてくれます。

このページの先頭へ