インフルエンザ

知られてない乳酸菌の効果と種類

近頃では、数えきれないほどの乳製品が店頭にならび、どの商品を選んで良いのか迷ってしまいますよね。
そこで今回は主な種類と効果をまとめてみました。
ビフィズス菌は乳酸菌とは種類が異なり、私たちの腸の99.9%をこの細菌が占めています。
ビフィズス菌が住みやすい環境を整え、便秘を防ぎます。
難点は加齢とともに減少し、胃酸に弱く、腸に生きたまま届きにくいことです。
そのためビフィズス菌を腸の中で培養する必要があるのですが、それを助けてくれるのが、乳酸菌です。

ラクトコッカス・ラクティスまたはプラズマ乳酸菌と呼ばれるこの菌は、免疫細胞に働きかけ、ウイルスを撃退するはたらきがあります。
チーズの発酵にも使われています。
R-1乳酸菌インフルエンザやノロウイルス予防にも役立ちます。
免疫機能を高めるための多糖体をたくさん作り出します。

乳酸菌シロタ株またはヤクルト菌とも呼ばれるこの菌は、主に小腸で活躍します。
ラブルガリカス菌とサーモフィラス菌はヨーグルトの主役です。
2つの相互作用で牛乳から酸味のある豆腐状の物体へと変化させる乳酸菌です。

クレモリス菌は生きて大腸まで届くことができる乳酸菌です。
植物性乳酸菌の一つであるラブレ菌は、酸や塩分に強く生きたまま腸に届くのです。
ガセリ菌とは生きたまま腸に長く定住することのできる乳酸菌です。

LG21は胃酸に強く胃の粘膜に直接付着して乳酸を分泌します。
ピロリ菌を撃退してくれます。
強化培養されたプロバイオティクスは生きたまま腸に届くことができ、蠕動運動を助け、便秘を解消し、免疫力を高めます。


このページの先頭へ